カウンセリングを通して悩み解消のためのヒントをもらおう

カウンセリング相談PAGE

薬を処方してもらう

悩む人

イタリアでの精神的に病む人への救い方

日本ではカウンセリングは、まだまだ浸透するには遅れを取っていますが、欧米ではカウンセリングは日常的に存在し、誰もが利用しやすい環境となっております。
精神的に苦しい思いをして薬を利用するという方法をありますが、実はほとんどの場合、そこまで苦しみに達する前に風邪で病院へ行くように、精神的な苦痛を感じればカウンセリングを利用する人が多いといいます。
しかも、イタリアでは精神病院がなくなり、精神的なことに対するその対応はカウンセリング以外でも行なわれていたりします。
たとえば、カフェでは1杯のコーヒーをオーダーするときに、善意で2杯分の料金を支払う人がいます。
それは精神的に病む人に無料で1杯与えてあげるためのものでして、それによって救われる人が多くいるのです。
そのやり方はイタリアでは古くから伝わる歴史ある方法で、継続されてきているのです。

精神的なものへの関心が必要です

日本ではまだまだ精神的なものへの対応に、関心が広がっていないものがあります。
もし、イタリアでの無料のコーヒーを配る方法を行なえば、精神的に苦しんでいる人をかまわずにただ無料でコーヒーを飲みたい人が利用してしまうだろうという、悪循環を及ぼす恐れがあります。
イタリアでは精神的に苦しむ人のためにという意識があるため、無料のコーヒーを提供する方法を行なうことができるのです。
だから、カウンセリングが浸透しないのも精神的な関心がまだまだ広がっていないことが原因の1つになっているかもしれません。
なので、もっと関心を持ってもらうことができるように、少しずつ心理学を広めていく活動を行なう必要があります。
そうすることにより、精神的に解放できる人が増えてくるのです。

↑ PAGE TOP